つりぼり〆\(改)

そらねこ屋の更新記録&日記。

任天堂系ゲーム(特にゼルダ・スマブラ)や、二次創作イラストの話題率が高い…はず。
意外に鉄道の話題も多い、かもね。
▼コメントに宣伝投稿はご遠慮ください▼
▼今日の任天堂株主総会2014年(6/27)
2014年の任天堂株主総会へ行ってきました。本社には9時40分くらいに着きました。588番。でも、一人だといくつか隙間が空いていたので、前から4列目のDブロック席につきました。新社屋になって、土地も広いので、門から社屋までの距離がちょっと長くなった感じ。駅からの距離はほぼ一緒位かな。新社屋から、本社がすぐそこに見えてました。

今回は1階の入り口でお土産と入場票を引き換えて、7階の会議室へ(お土産だけもらって帰る人も数人)。この建物も本社と同じく真っ白でとてもきれい。今回のお土産はマリオのバスタオル・ロールクッキーピカチュウ・辻利のお茶。後はCSRレポートと入場票。

着席後、3DSをチェックしたら、次から次へいろんな人とすれ違うすれ違う。さすが任天堂すきーな人が多数いるので(隣の女性も3DSLLで遊んでたし)取り込みきれないくらい。東京・新潟・埼玉・福岡・宮城…結構遠くから来てる人もいるんですね!
9時50分ごろ事務の方々が着席。9時58分ごろ、役員入場。今日の宮本さんはダークスーツにえんじ色のネクタイ。会議が始まるまでちょこっと手元の書類をチェック。

今回は、岩田社長がお休みなので、代理の議長は竹田玄洋専務。落ち着いた渋めのお声…でも、ときどきつっかえてましたが。今週火曜日にHPに岩田が休みになることを掲載したが、それを知らずに来た株主もいるだろうとのことで、社長のメッセージ(HP掲載文書のまま)を読み上げる。社長が不在の場合は他の取締役が代わりするとの条文どおり竹田が努めますと言うと「異議なし」の声と拍手。
総会開催の宣言。出席者と電磁投票を合わせて今総会の成立。(ここで携帯の着信音聞こえて、ちょっと顰蹙)
監査役植田さんより報告書の記載に問題が無いとの発表。(席の前に置いた名札にマイクのコードがかかってるのをそっと直す高橋伸也企画開発本部長w)

事業報告p3を読みつつ、随時主要な言葉やソフトの画像をスクリーンで表示する。3DSのソフトの好調、WiiUは5つの自社有力タイトルがミリオンセラーとなったものの総じて低調。(タイトルの読み慣れてなさを感じる竹田専務)当期純損失が232億円になったことについて、株主の皆さんにご心配をおかけした事を心よりお詫び申し上げます。

対処すべき課題。「娯楽は他と違うからこそ価値がある」と言う考えのもと、経営中核=ビデオゲーム専用機として、独自の商品とサービスを提供していく。WiiUゲームパッドの存在意義を高め、WiiUプラットフォームの販促につなげていく。マリオカート8は既に200万本売れていて、WiiUの販売をけん引中であることを強調。娯楽を生活の質を楽しく向上させるものと再定義し、新たな展開をしたい。また今後、キャラクター資産を活用していきたい。
報告終了後、拍手。議案の説明をする。

決議前の質疑応答にはいります。主要なご質問の概要は、サイトに載せますのでご了承下さい。また、多くのご質問に答えるため、1人1問とさせていただきます。(昨年度と同様のセリフです)

【質問1】3DSWiiUを5才の長男が楽しく遊んでいる。3DSは旅行時の長時間の社内の娯楽に役立っている。(質問前の部分がちょっと冗長で、会場に微妙な空気流れる)これからもこのくらいの年齢の子供を楽しませるようなゲームを作ってください。
ここのディスプレイには注意事項が画面に表示されるだけだが、他社では、会社の特長説明に使われたり、CMを流したりしている。E3の様子をぜひ紹介してほしい。
業績が良くないのは海外の客が付いていない所為ではないか。海外の客の様子は国内ではよく分からない、株主としてはそれが気になる。ぜひ、総会でE3の様子を見たい。

【回答1】家族で遊んでいただいてありがとうございます。6月10日からLAでゲームのショウE3があった。ビデオで見ていただきたい(E3の様子をまとめたVTRを流す)これがショウの実際でした。いい機会ですので、出席した宮本から説明を。

専務の宮本です。先々週LAでE3があり、来週はジャパンエキスポがあります。LAでは5万人来場、これは流通・小売・マスコミのみなのですがかなりの人数になりました。スマブラ、カービィ、マリオカートなどいろいろ発表したが、「スプラトゥーン」(2チームに分かれペンキで打ち合うゲーム)が話題になった。若いチームで作ったものが評価され、うれしい。自分は、ゲームパッドの有用性を提示するために「プロジェクト ジャイアントロボ」「プロジェクトガード」といった開発中のゲームを見せた。「マリオメーカー」もその一つ。他にもツリーハウスライブやそれをネット動画にあげて、4〜500万以上の人々に直接訴えられる機会も作った。ゲームパッドがなかなか理解してもらえないし、動きが遅いとのことで、6月に新しいシステム配信があり、かなりクイックに動くようになったと思う。ピクミン3の左利きパッチについても検討中。
リビングで遊ぶWiiUは家族で使うことをPRしてきた。よそは、殺伐とした…本格的でかっこいいといったタイトルがほとんど。任天堂は多彩で安心できるソフトが多いと評価された。

高橋伸也:海外の反応ということで、アミーボというフィギュアを今回E3で出したのですが、とても反応があり、特にアメリカでは期待されている。

竹田専務:(アミーボについての説明を加える)

【質問2】桐谷さんの影響で、株主優待を期待して株を購入する株主も増えたと思うが、任天堂関連のものが貰えるとうれしい。ハードは高いので無理だと思うが、ソフトウェア的なもの、バルーンファイトとか、チンクルとかそういったものを配布する予定はないのか。

【回答2】君島:今回のお土産にロールクッキーピカチュウ、マリオのバスタオルを入れましたので、後でお楽しみに。あまり高価なものは、法律上問題になる。出席される方に出来るだけ喜んでもらえるものを本日のご要望をうけて検討していきたい。
また、株主優待については、当社では用意していない。還元方法としては配当で、と考えている。皆様に喜んでいただけるゲームやハードを作っている会社なのでお渡ししたい気持ちはあるが、既に持っている人にダブったり、法人にはうれしくないと思うので、今のところ配当金のみ。いろいろ検討はしたいと思います。
竹田:貴重なご意見として検討します

【質問3】WiiU新作ゼルダの情報を聞きたい。いつ出ますか。E3より前に出ますか?(場内笑い)

【質問3】それはぜひ宮本に(笑・場内も笑い)
株主総会では、正式発表のあったもの以外は言えない。無双シリーズゼルダタイアップ…バサバサ切り倒すゼルダだが、それはアメリカでは大変好評だった。WiiUの公式シリーズも開発中であることも発表しました。オープンワールド…一般的にそう呼ばれる言葉を使うのは好きではないが、伝わりやすいのでそう言った。3DSのネタもあるので期待してください。
竹田:総会の場でなかなか発表出来ないのでご理解ください。

【質問4】ファン株主です。小さいころからカードヒーローで遊んでいて、好きなタイトルなので、ぜひ続編を。
先ほどE3の映像でスプラトゥーンの反応がすごいと思いましたが、反応がいいからと言って売り上げに結びつかない。客単価の高い、ソーシャルゲームビジネスはしてほしくないが、今の子供はおさがりのスマホで無課金で遊んでいる。ブラウザゲーム、スマホゲームに対してどう向かうのか。

【回答4】長期的に考えながら、スマートデバイスにどう対応していくか、と言う事と理解しました。
高橋伸也:スマートデバイスは積極的に活用していく。開発も進めている。このアプリを通じて任天堂ハードを持っていない世界中のお客様とのつながりを作り、任天堂の魅力を伝えていきたい。

【質問5】白亜の殿堂に感激した。任天堂の未来を象徴していると思った。
質問と言うより、提案です。
PTAの総会の後、3DSの話になったのですが、縦横にひっばって大きくなったらいいなと言う話が出た。
∪府はカジノ特区を検討しているようですが、カジノの遊び方は大人の95%位わからない。その遊び方やルールをソフトで説明が出来たらいいと思う。さらに、カジノ的ソフト、大人が遊べる1〜3,4人でカジノゲームが出来るようなものを作ったらどうか。

【回答5】貴重な提案、ありがとうございます。3DSのもっと大きなもの…広げると、シュッと広がるものも考えている。カジノに使えるかは別にして、いろんな場面で使えるように考えている。

【質問6】中国市場に対して任天堂はどのように取り組むのか。その動向は?

【回答6】中国という新しい市場に対してどう対応していくかと言う質問ですね。これは営業の大和に。
大和:IQと言う別ブランドで3DS・Wiiの販売を展開しています。上海で昨年9月自由貿易試験区が設定されたが、日欧米のビジネスをそのまま持って行けるのかわからないので研究中。
竹田:中国市場に関して何か発表があるとすれば、中国の任天堂の担当から発表する。

【質問7】WiiUソフトラインナップについて。Wiiでは一人でのめり込めるようなタイトルがあったが、WiiUでは方針が変わったのか、ゼノブレイドXや、ベヨネッタ2が出るまで2年もかかった。
オープンワールドと言う言葉でくくるのは好きじゃないというのは、強みであり弱み。タイトルのみでは買いづらいのでオープンワールドと言う言葉を使えば他のオープンワールドゲームが良かったと思った人は買いやすい。どういうアピールをするのか。

【回答7】高橋伸也:ゲーム熟練者向けタイトルがなかなか出なかった。ゼノブレイドXを発表したが、シリーズとしてとらえていただきたい。デビルズサードも発表した。遅れた感もあるが、いろいろ作っているので待っていてほしい。

宮本:オープンワールドの言い訳を。開発で一般的に使う言葉をそのまま使うのは好きではないと言う事でご容赦ください。
マイクロソフトやソニーで出している会社も苦労している。シェーダーという技術はチームを慣らすのに1年、作り上げるのにさらに2、3倍の時間と人がかかる。数百億円超えるプロジェクトもある。ベスト10に入らないと元が取れない。完全子会社化したモノリスソフトからゼノブレイドX、プラチナゲームズからベヨネッタ2と、順序立てて出していきたい。
PRは誰か。(笑・会場笑い)

大和:新作が出ても、売り出して行かなければ売れない。ここ数年、余暇の過ごし方が多岐にわたり、ゲームが上位には無い。情報の流れについていけていないのではないかと思っている。スマートデバイスについて、営業としてもSNSを介した宣伝をし、キャンペーンをし、売り上げをあげていきたい。前向きに進みたい。

【質問8】竹田さんにハードウェアの質問を。自分はソフトウェア側の人間なので、竹田さんは、ソフトの作りやすいハードを作っていて、感動している。ゼルダの映像は60フレームで、きれいな映像。良いハードだと思う。WiiUのハードが竹田さんにとってどのくらいの自信を持って出来たのか知りたい。

【回答8】WiiUの売り上げが繋がらず、結果としては辛いところ。今や、HDが当たり前で、それにかける価格が上げられない。ゲームパッドをどう使うか、苦労している。ゲームキューブ時代から、大容量ではないが、ピリッとしたメモリ、効率の良さを追求していることは、DNAとして生きている。今後、若い人にうまくDNAを伝えていきたい。

【質問9】ゲームの事はわからない、経営について聞きたい。岩田さんが、経営が悪かったらやめると言いながら続けてるのもびっくりだけど、ここの株主はゲームがどうのこうのと、株が下がっても持ち続けると言うが。それを言うより、マーケティングは出来ているのか。みんな、ゲームの内容ばかり質問してい、がっかり。経営としての話を聞きたい。(大きな拍手…と言うか一人大きな拍手が目立ちそれに付随して数十名続いた感じ)花札は素晴らしいというところからせめてはどうか。

【回答9】厳しいご意見ですが、勢いを回復させるのが経営陣の責任の取り方です。
君島:総会は、株主と経営陣の大事なコミュニケーションの場。そこから、どう発展させていくか、議論していく。会社がどういうエンターテイメントを提供しているかを株主様に理解してもらうことも重要。経営についての意見などどんどん下さい。(拍手)
竹田:貴重なご意見として参考にさせていただきます。


【質問10】営業活動した成果が、営業損益だが、3期赤字だ。今期の収支がどうなるのか聞きたい。

【回答10】昨今多大な損失にご心配をおかけして申し訳ない。経営統括の君島から。
君島:今期、過去3期の営業損失をどう回復していくか。収支バランスを取り戻していく。売上高は5900億円、営業利益は400億円に。3DSをもとにソフトウェアを買ってもらえるよう、多くのタイトルを出したい。WiiUゲームパッドをどのように使ってもらえるか、新しい方向性を考えている。また、マリオカート8や、スマブラが売り上げをけん引していくことを期待している。早く収益体質に持っていきたい。
竹田:75期は営業黒字を取り戻したいと思います。

【質問11】長期的に見た経営戦略はどうなっているのか。このままでは健康器具メーカーになってしまうか心配。ゲームが好きなので。宮本さんに聞きたい。ゲームの未来の夢みたいなものを聞きたい。特に宮本専務にお願いします!

【回答11】任天堂にとっての夢、将来について…ご指名なので宮本に。
宮本:厳しいご意見の後で恐縮です。ほんとは竹田の後に言いたかったんですが…フォローよろしく。
売り上げの話と全く関係がないとは言えない。エンタテインメント企業は収益性をあげるだけではなく、売り上げを維持することが問題。その中で、10年後にどうつなぐか。浮き沈みが激しい業界。30年前は大きな借入金があったし、今は資金があるといわれるが、それは新しいチャレンジに重要。現在、スマホのおさがりが子供の持つ一番安い本体で、それは脅威。ただそれがすべてかと言ったら、そうではなく、安全性などに配慮した、新しい遊びを任天堂として提案していく。採算性についてや、無駄な広告費を使わないことについては常に心がけている。E3もローコストでベージュビューをあげた。

新しい娯楽は必ず出てくるので、何とかなる。人間は、動物としてゲームは好きだと思うので。今後も新しいものを出していきたい。(小さな拍手)

竹田:ホームエンターテインメントとは言うが、生活必需品を扱ってるわけではない。いわゆる娯楽を扱う企業なので、浮き沈みは経験する。ハード、ソフト一体と言うより、ソフトウェア技術とハードウェア技術、それにアイディアと芸術、音楽やグラフィック、心理学。いろんなものを合わせてソフトを作ってきた。他社のように健康企業になることは無い。

【質問12】開発関係について。据置機と、携帯機が統合されると聞いて良い目標だと思った。今の任天堂は、サードが弱い。海外向けゲームが弱い。QAの時、海外への回答の英語がおかしい。サードパーティーの囲い込みはどうなっているか。サードパーティーによって、悪い言い方かも知れませんが、楽に売り上げが上がるのです。

【回答12】専門的なご質問ですが、簡単にお答えを。
結果のソフトは他にないものを開発ツールは同じものを使う。
田中:サード取り込みについて。日米欧の契約をしているメーカーの数は、アメリカで3DS:40社 WiiU:20社。ヨーロッパも同じくらい。DLソフトの開発メーカー含めてアメリカで3DS:130社 WiiU:200社、欧州で3DS:160社 WiiU:152社、日本で3DS:140社 WiiU:35社。
3DSは海外に目だったヒットが無いが、ソフトは多数出ている。WiiUのタイトルは少なくヒットもない。ハードの普及が期待したほど進んでいないので開発が慎重になっている。自社タイトルで普及をして、安心して作ってもらえるようにする。
3DSのソフト開発は盛ん。スマートデバイス向けアプリを3DSソフトにすることで、100万を超えるタイトルも出ている。この状況を見て開発者が3DSへ積極的に参入を考えている状態。今後もスマートデバイスの人気ソフトに目を光らせていきたい。
竹田:参考にさせていただきます。ありがとう。

【質問13】(はーい!と言う素っ頓狂な大声に指名)経営をいつも頑張って頂き、ありがとうございます。昨年から株主になったのだが、役員の持ち株を見てびっくり。社長以外、株保有数が少なすぎる。(拍手)

【回答13】株の数と経営に関する力は一緒ではないと考えている。経営立て直しの決意は、株数と全く関係ありません。

(その後、同じようにはーい!と声あげる人がいるが、それは当てず。)

【質問14】対処すべき課題でキャラクターを使うというのがあったが、具体的にどうするのか。収益はどのくらい考えているのか。

【回答14】キャラ関係は高橋伸也で。
高橋:アミーボを年末から展開する。WiiUのスマブラ連動。来年は3DSに対応する予定。収益については、不確定なので、数値を出すのは無理です。

竹田:第一弾はミーバース(…と言いかけて言い直す)アミーボフィギュアを発売予定です。

【質問15】公式サイトの「社長が訊く」が社長の健康上の理由か、なくなって残念。それ以前より更新が少なくなっていた。何故か。

【回答15】担当の大和から。社長の容体も合わせて。
大和:商品を幅広く認知してもらうための手段の一つでHPを作っている。取引先の会社とプロダクトして作ったものを出来るだけ理解してもらうためのコンテンツ。「社長が訊く」の露出が減っているのは社長の体調もありますが、E3でかなり情報を出したり、色々な情報の提供の仕方を模索しているところでもあります。今後見守ってください。

竹田:社長の容体ですが、業務などメールでの決済は貰っています。HPにメッセージを公開後、世界中からお見舞いのメッセージを多数貰っている。本人も感謝している。

宮本:大和の方から社長が訊くが減っているのは、社長の体調が悪いからと言うい言い方をしたが、体調とは関係ありません。半年前から、「社長が訊く」が一部の方が見るだけにとどまっている、もっと大勢にPRをする方法をとったほうがいいのではないかと考え、いろいろな方面での露出を考えている為。

後2名で質疑を終わります。(拍手で了解)

【質問16】昨年9月に亡くなられた、山内さんの冥福を祈ります。また、岩田社長の回復を祈ります。岩田社長は、あまりに誠実すぎて、こういう事態の時にすべてを背負ってしまうからこうなったように思えてなりません。宮本さんは飄々と受け流しているようで、こうい言うふてぶてしさを身に着けるようにすればいいのでは。

【回答16】貴重なご意見と言うか、アドバイスと言うか。社長にざっくばらんに話していきたい。

【質問17】娯楽は浮き沈みがあるし、今、難しい時期と言う事も分かっている。これは、今のみの状態なのか、大きな波なのか。映画産業にもそういう時期がありました。どう考えていますか。

【回答17】難しい問題です。大きな波の一つと考えている。先を進んでいるものに参考になるものがあるのではないか。宮本から何か、印象があれば。

宮本:私も結構心労が…(笑・会場爆笑)社長と話をしながら乗り越えて行きたい。頼りになる社長ですので。
ホントに大きな問題で、それが分かればすぐに解決なんですが。娯楽が同じ方向に進んでいくのはメディアのクリエイティブの未熟さ。「一強皆弱」と山内が言ってましたが、これはおごりではなく、他に無いものを作れば、皆それしか買わないので、自動的にそうなる分野。クリエイティブがデジタルでは未熟…と言うのは危険な言葉ですが、そう思う。漫画や映画の世界ではクリエイティブなことを考えている人がいるが、デジタルではまだ過渡期にあり、これから本質を広げていくと思っている。豊かさを失わないでいれば、いずれ任天堂が独占する。
多数の中の一強は難しい。同じハードウェアで戦うのはフェアでいいのだが、一強は難しい。ハードを見ながら新しい提案を作っていけるのが強み。独自の物を作っていきたい。


質疑を十分尽くしたので議案の承認に移ります。賛同いただける方は拍手でお願いします。(大きな拍手)全て拍手で通る。12時終了

帰り際、席から立ってぼーっと帰り支度してる宮本専務を見てたら、ふっと目があって、軽く会釈してくださり、ドギマギしたミーハーな私ですw

帰る前に寄ったトイレはまだまだ新品のにおいがしました。1階におりると、CSRレポートを持った社員さんがにこやかに多数立ってらして、誰から頂いていいものか、きょどってしまった。

3期目の赤字で、今度こそ荒れるかなと思ったのですが、今回も何とか配当あり(1株につき100円)だったせいか、始終和やかな雰囲気でした。
結構、ファン株主も多いのかなと思います。私もその一人だけど。イラッとして経営内容に詰め寄った人もいましたが、会社によってそれぞれなので、私はこんなゆるい総会は任天堂らしいと思います。役員のやる気を出してもらう総会っていいじゃないですか。懇親パーティーしてほしいというのを断ってるところもあり、そういう側面もありかなと。…でないと私みたいなファン株主の楽しみがなくなっちゃうwそら、つぶれてしまっては元も子もないんですが!

正確な内容は後日、任天堂公式サイトに上がるのでそちらをご覧ください。
一昨年度から、質疑応答の内容が公式に上がるようになったので、かいつまんで載せる方が増えたようですが、うちは例年通り、あえて書き取れた全文載せて見ました。雰囲気ともども伝われば幸いです。
| 美夜 | 日常 | 16:43 | comments(2) | trackbacks(0) |
29日になって、最後の方に3行くらい感想的なもの、追加。
| 美夜 | 2014/06/29 7:30 PM |
コアゲーマータイトルとして、ゼノブレイドクロスとデビルズサードをあげていますが、ゼノブレイドクロスは2015年発売予定、デビルズサードは発売未定となっていますが、ベヨネッタとWiiUスマブラの間くらいには、デビルズサードは発売されるのでしょうか?
| 任天堂好き | 2014/07/01 9:46 PM |









http://pikachu.blog.bai.ne.jp/trackback/210349
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ RECENT COMMENTS
  • ▼今日の任天堂株主総会2014年(6/27)
    任天堂好き (07/01)
  • ▼今日の任天堂株主総会2014年(6/27)
    美夜 (06/29)
  • ▼今日の任天堂株主総会その2:3DSLL体験WiiUガン見(6/28)
    美夜 (07/01)
  • ▼今日の任天堂株主総会その2:3DSLL体験WiiUガン見(6/28)
    (07/01)
  • ▼今日の任天堂株主総会(6/28)
    美夜 (06/30)
  • ▼今日の任天堂株主総会(6/28)
      (06/30)
  • ▼今日の任天堂株主総会(6/28)
    美夜 (06/29)
  • ▼今日の任天堂株主総会(6/28)
    (06/29)
  • ▼今日のファイアーエムブレム覚醒同梱版再販開始!(10時5分終了 )(4/19)5/19再販終了
    美夜 (05/12)
  • ▼今日のファイアーエムブレム覚醒同梱版再販開始!(10時5分終了 )(4/19)5/19再販終了
    ぽふぃん (05/10)
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE